相続財産の中に過払金返還請求権が含まれていた事例

相続開始後,荷物を整理していたところ多数の消費者金融からの借入書類が発見され,債務の相続を恐れた相続人からの依頼で調査したところ,多額の過払金債権が発見されました。これを回収した上で,各相続人の相続分に応じた分割協議案を提案し,調停等を経ることなく遺産分割協議が成立しました。


本来受け取れるはずの権利を獲得できていない可能性があります。法律相談のご予約はお電話で 0586-71-4545 弁護士法人アストラル
PAGE TOP