相続人の1人が海外に居住していた事例

相続人が海外に不法滞在しており,公的な本人確認書類の取得が困難でしたが,居所を証する資料等を提出した上で親族への委任状を提出してもらい,遺産分割調停を成立させました。


本来受け取れるはずの権利を獲得できていない可能性があります。法律相談のご予約はお電話で 0586-71-4545 弁護士法人アストラル
PAGE TOP