相続財産の中に賃貸物件が多数あった事例

賃貸物件とそれに伴う債務の引き受けを拒否し,相続分相当額の代償金の支払いを請求する相続人に対して遺産分割調停を提起し,最終的に依頼者が不動産とそれに伴う債務のすべてを取得し,他の相続人には相続分を下回る額の代償金を支払うことで調停が成立しました。


本来受け取れるはずの権利を獲得できていない可能性があります。法律相談のご予約はお電話で 0586-71-4545 弁護士法人アストラル
PAGE TOP