相続人が多数のため各相続人に相続分の譲渡を受けた事例

相続人全員に接触し,ほとんどの相続人から相続分の譲渡を受け,相続分の譲渡に応じてもらえなかった相続人には多少の代償金をお支払いして,一人の相続人(配偶者)に相続権を集約し,自宅不動産などを確保しました。


本来受け取れるはずの権利を獲得できていない可能性があります。法律相談のご予約はお電話で 0586-71-4545 弁護士法人アストラル
PAGE TOP