遺留分の減殺請求を行った事例

被相続人が全遺産を子どもの1人に相続させる旨の遺言を残したため,他の相続人から依頼を受け,遺留分の減殺請求を行いました。最終的に,不動産等の財産はすべて他の相続人が取得し,依頼者は代償金として現金を受領することで和解が成立しました。


本来受け取れるはずの権利を獲得できていない可能性があります。法律相談のご予約はお電話で 0586-71-4545 弁護士法人アストラル
PAGE TOP