受任から3週間で遺産分割協議を成立させた事例

概要

ご兄弟間の遺産分割についてご長男様の代理人となり、他の相続人との間で遺産分割協議を行いました。

対応

短期間で解決すること、他のご兄弟には現金的財産のみを取得してもらうことを条件として、受任後3週間で協議が成立しました。

ポイント

相続では、多くの方ができるだけたくさん遺産を取得したいと希望し、また換金が容易な預金などの遺産を欲しがるのが一般的です。ですが、「現金・預金だけで、相続分どおりに欲しい」というのは紛争の元です。当然、管理の難しい不動産を引き受ける方、債務を引き受ける方などには、多く配分することも考えなければなりません。

本件では、今後利用価値の少ない不動産をご長男様が引きうけることと、その経済的負担について他の相続人の方々に丁寧に説明し、預金などの現金的資産のみ取得して頂くことを条件に大幅な譲歩をご了解頂きました。幸い、他の相続人の方々のご理解が早く、早期に解決することができました。


本来受け取れるはずの権利を獲得できていない可能性があります。法律相談のご予約はお電話で 0586-71-4545 弁護士法人アストラル
PAGE TOP